相続手続ー②相続財産調査

亡くなられた方の財産調査

被相続人の財産はどうやって調べるのか?

①現物をさがす。

通常は、同居の方がいらっしゃるのであれば、おおよその財産を把握されていることも多いです。土地建物の権利書はどこにあるですとか、預金などの通帳はどこにあるとか。そのもの現物を直接探します。

その後、預貯金については、『残高証明書』などを取寄せ把握します。不動産については、①市役所で『名寄せ(固定資産税課税台帳の写し)』を取り寄せ、その後法務局で、登記事項証明書(古くは登記簿謄本といっておりました)』で確認したりします。

②通帳の引落から探す。

預貯金の通帳は、その方の生活状況が確認できるものです。その通帳から、定期預金をしていたり、また各種引落から、保険会社や証券会社との取引が分かったりします。ご自宅のお近くのそれらの会社に問い合わせることで、財産や未払になっている費用などが確認できます。

③交友関係その他の情報から探す。

同居していない方がなくなられた場合、どこに何があるか?も分からない。そんな状態のときには、地道な調査が必要です。

最近は、皆さんスマホをお持ちだと思いますが、そのスマホの電話帳や電話履歴から、取引関係が分かることもあります。それ以外では、カレンダー、メモ帳、ボールペンなども金融機関のノベルティでもらうことが多いですので、そのような小物から取引金融機関が分かることもあります。それ以外でいうと、名刺や郵便物のチェックなど、被相続人の交友関係を確認していく作業とも言えます。その交友関係を確認していく過程の中で、取引のある金融機関なども分かってくるということです。この部分をおろそかにすると、同居の方でも知らなかった財産が後から判明したりすることもあります。遺産分割協議の終わった後であれば、その協議書の内容に従って分割されるか、別途協議することになります。後々に改めて協議し直すことは大変手間のかかることです。あらかじめ、注意深く確認することをお勧め致します。

当事務所では、お客様のご要望にお応えして、交友関係からの情報リストアップのサポートも行っております。疎遠となってしまっていた方がお亡くなりになり、何から手をつけて良いのか途方に暮れていらっしゃる方は、今すぐご連絡ください。

 

当事務所では初回無料でご相談の予約を受け付けております。

財産調査だけお願いすることはできるの?

大丈夫です。財産調査して、財産目録を作成します。その財産目録をもとに遺産分割の協議をして頂ければよろしいかと思います。

足が悪くて外出が難しいのだけれど相談に来てもらうことできる?

はい大丈夫です。お問い合わせ下さい。片道1時間程度の範囲であれば、無料で対応しております。それ以上の遠方でも対応可能な場合がございます。まずはお問い合わせ下さい。

市役所や金融機関からの資料取寄せもお願いすることはできるの?

はい大丈夫です。相続人さまからのご依頼の委任状を頂きお取り寄せさせて頂いております。まずはお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約は…

下記の電話もしくはメールにてお問い合わせください。

電話は 025-522-0025

メールは 【こちら から】

 お問い合わせ