信託

信託とは

言葉の通り、信じて財産を託すことです。

財産を信じられる人に預けて、管理してもらうことです。ここで、基本的な登場人物は3人で、預ける人=委託者、預かる人=受託者、利益を受ける人=受益者です。委託者=受益者の場合が、わかりやすいかと思いますが、この受益者を別の人にもできるのが、信託の優れているところです。

信託は誰のもの?

所有者は受託者ですが、利益を受けるのは受益者です。通常は所有権を持っていれば、使用収益も処分も自由に所有者ができますし、その利益をうけるのも所有者です。信託の場合、この所有と利益を分離して(利益受ける権利=受益権)いるのが一番の特徴です。

ただ注意も必要で、税務上の取扱ですが、税務上は誰がものと考えるかというと、税務上は原則、形式的な所有権を持っている所有者のものではなく、実質的利益を受ける受益者を所有者とみなします。

信託の活用方法

この所有と受益の分離、所有と管理の分離によって、様々なことが可能になります。

親族の財産を代わりに管理する。

  • 高齢の親の財産を子が管理できます。
  • 年少の子の財産も親が管理できます。

遺言より確実に思い通りに相続させる。

  • 契約等により受益者を指定し、その次の受益者も指定できます。そのため相続での分割を待つまでもなく、契約によって受益権が移転します。
  • 信託財産は不動産の場合、遺言書であれば書き換えされてしまう心配もありますが、信託の場合登記がされますので、その心配はありません。

贈与しても確実に管理する。

  • 贈与しても無駄遣いできないように管理できます。

このように、親族の財産を、所有者とは別のご親族が管理して、守っていくこともできます。相続の事前対策の一環として、一つの選択肢となる可能性が大きいです。

当事務所では…

認知症対策、相続の事前対策の一環として、信託を活用していく余地はあると考えております。

登記に関しては司法書士を、また税務に関しては税理士を、ご紹介することもできます。信託の仕組みや課税関係、受託者の義務については、お客様のご理解が欠かせないものとなっております。実際すぐにしたいという場合でなくても、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは…

下記の電話またはメールでお問い合わせください。

電話は 025-522-0025

メールは こちら から お問い合わせ