農地保有適格法人

農地保有適格法人

農地法2条3項の要件を満たす法人のことで、農地を所有したり賃借したりでき、農業を経営できる法人のことです。次の4つの要件は設立時のみならず、設立後も満たされている必要があります。

農地所有適格法人の要件

Ⅰ.法人形態要件。

法人形態は、①農事組合法人、②株式会社(公開会社でないものに限ります)、③持分会社(合名会社・合資会社・合同会社)です。

①農事組合法人は、農業協同組合法により設立される法人で、その中でも同法①72条の10第1項2号の農業経営を行う会社、または②1号2号の両方を行う会社、でなければなりません。

②株式会社では、公開会社でない必要がありますので、すべての株式についてその譲渡を制限している必要があります。

③持分会社では、株式会社のように出資持分の移動について、農地法条文上は要求されていませんが、そもそも持分会社は、会社法上では、出資持分の譲渡について他の社員の承認が必要とされる取扱となっているからです。

 

Ⅱ.事業要件。

主たる事業が農業で、売上高の過半数がその農業や農業関連事業で占められている必要があります。他に主たる事業を持つ会社は、要件にあてはまりません。仮に、農業の他に本業のある会社が農業経営に参加できたとした場合、本業の利益と農業の利益が競合したときには、本業の利益が優先されることになる可能性が高いでしょう。他の本業のために、農業を犠牲にするわけには参りませんから、売上の過半数が、農業とその関連事業の売上である必要があるのです。

 

Ⅲ.構成員要件。

農地の提供者や農業の常時従事者などの議決権が、総議決権の過半数を占めている必要があります。株式会社の場合は出資金額ベースでの過半数が、持分会社の場合は人数ベースでの過半数が、必要になります。

農地の提供者の具体例としては、農地の権利移転者・権利設定者・許可申請者をいいます。農業の常時従事者の具体例としては、原則年間150日以上農業に従事する必要があります。また農作業の委託者なども構成員となりえます。

 

Ⅳ.役員要件。

役員に関する要件は2つで、一つは、法人役員の過半は農業の常時従事者であることが必要です。もう一つは法人の役員または重要な使用人のうち1人以上が農作業に従事する役員であることが必要です。一つ目は、(季節雇用ではなく)常時従事していることが必要で、二つ目は(現実に)農作業に従事することが必要です。

 

農地所有適格法人が行える事業は…

農業適格法人で継続的に経営していくためには、法人全体の売上高のうち農業及びその関連事業での売上高が過半を占めなければなりません。そこで重要となってくるのが、どこまでが関連事業と認められるのかということです。

関連事業

①生産した農畜産物の貯蔵、運搬または販売
②農畜産物を生産するのに必要な資材の販売
③農作業の受託
など

関連事業該当性

法人が生産した農畜産物の付加価値の向上、通年の安定的な雇用など法人の行う農業生産の安定発展に役立つものであるか否かを判断材料の参考とする。

具体例
・自己の生産した米や肉を使用したレストラン
・自己の生産した農産物に加え、他の農家等の農産物も販売

附帯事業の該当性

主な事業に附帯して行われることが相当と認められる事業で、具体的には機械施設の余剰稼働力を活用した事業等は附帯事業として取り扱う。

具体例
・自己の行う農業に必要な宿泊施設を人に宿泊させる民宿
・自己の行う農業に必要な機械施設を利用し土木作業する農業土木
・自己の行う農業に必要な機械施設を利用した造園
・自己の行う農業に必要な施設での農業研修・技能講習

当事務所では、お客様のご要望にお応えして、司法書士・税理士・社会保険労務士のご紹介も行っております。今後の事業運営に必要な知恵が必要な方は、今すぐご連絡ください。

 

当事務所では初回無料でご相談の予約を受け付けております。

どのような会社形態がよいか分からないけど相談にのってもらえるの?

はい大丈夫です。どのような感じの会社にしていきたいのか、ご相談いただきながら進めてまいりましょう。

土曜や日曜でも相談に来てもらうことできる?

はい土曜や日曜でもご予約いただければ大丈夫です。お問い合わせ下さい。また片道1時間程度の範囲であれば、出張相談も無料で対応しております。それ以上の遠方でも対応可能な場合がございます。まずはお問い合わせ下さい。

印鑑や看板の制作もお願いすることはできるの?

お客様に割安でご利用いただけるよう紹介はできますが、当事務所で制作をお引き受けは致しません。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約は…

下記の電話もしくはメールにてお問い合わせください。

電話は 025-522-0025

メールは 【こちら から】

 お問い合わせ