新潟で遺産相続の相談をするなら行政書士阿部成恭事務所へ~遺言書発見時の対応~

遺言書は亡くなった方の最後のメッセージとなるものです。遺言書に込められたメッセージをしっかり反映させるためにも、遺言書は正しく扱いましょう。今回は遺言書を見つけた際、どのような対応をしなければいけないのかについて解説していきます。

遺言書に関してご不明な点がありましたら、新潟で遺産相続のサポートを行っている行政書士阿部成恭事務所にご連絡ください。

遺言書は開封してもいい?~不動産(土地・建物)の分け方や贈与など遺言書には重要な情報が記されている~

遺言書

遺品整理や身辺整理をしていると遺言書を発見することはあると思います。遺言書には、不動産(土地・建物)の分け方や贈与など相続人にとって重要な情報が記されています。どのような内容が記されているのかは遺言者ごとに異なるものであり、発見したのであれば開封したくなる気持ちはよくわかります。

しかし、遺言書をその場で開封することは厳禁です。遺言書は法律で決められた開封方法があるので、それに従って開封作業を行わなければいけません。重要な情報が記されている書類だからこそ扱いは慎重にすべきであり、その場で開けないようにしましょう。

遺言書を開封する場所は、家庭裁判所です。どの家庭裁判所になるのかは、遺言者の最後の住所地次第ですので、事前にご確認ください。

検認は必要なの?

遺言書を発見した場合、まず行わなければいけないのはその遺言書の種類を確認することです。遺言書の種類が自筆証書遺言もしくは秘密証書遺言である場合には、「検認」という手続きが必要になります。

検認を行う目的は、遺言書の偽造や変造を防止することです。検認は、被相続人が最後に住んでいた地域を管轄する家庭裁判所で行います。検認は遺言書の現在の状態を確認するだけであり、有効・無効を決める手続きではありませんのでその点はしっかり覚えておきましょう。

遺言書を発見した相続人または遺言書の保管者には、検認の手続きが義務付けられています。よって、検認は必ず行わなければいけないものであると認識しておきましょう。

遺産分割後に遺言書を発見したら?~お困りの際は新潟で遺産相続の相談を承る行政書士阿部成恭事務所へ~

驚く男性

遺産分割後に遺言書が見つかるケースは決して珍しくありません。この場合には、再度相続人を全員集めての意思確認が必要です。遺言書には時効がないため、遺産分割後に発見したとしてもその内容は有効です。意思確認を行い、相続人全員が問題ないと判断した場合にはそのままで問題ありません。

しかし、重大な勘違いがあり、遺産分割協議が無効となる可能性があるのであれば、遺産分割協議を再度行う必要があるのです。ケースごとにどのような事態になるのかは異なりますので、不安な方はお気軽に新潟で遺産相続の相談を承る行政書士阿部成恭事務所にご相談ください。新潟で遺産相続に悩む方が無事に問題を解決できるようにサポートいたします。

遺言書を発見したら落ち着いて対応しよう

遺言書を発見した場合、その場で開封するのではなく家庭裁判所に提出しましょう。また、発見した遺言書が自筆証書遺言もしくは秘密証書遺言である場合は、検認も行う必要があります。「遺産分割後に遺言書が見つかった」「遺言書に書かれた内容について悩んでいる」など、なにかお困りでしたら、新潟で遺産相続の相談を承る行政書士阿部成恭事務所にご連絡ください。

新潟県上越市に事務所を構えており、新潟の方を中心に遺産相続に関するサポートを行っています。遺産相続の悩みは、相続問題に精通した専門家にお任せください。ご相談は電話またはメールから受け付けています。

新潟で遺産相続に関するご相談は行政書士阿部成恭事務所へ

事務所名 行政書士阿部成恭事務所
住所 〒943-0883 新潟県上越市中通町5−7 杉山ビル3階
TEL 025-522-0025
FAX 025-525-8008
URL https://g-abe-office.jp/
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]
アクセス
  • ◆えちごときめき鉄道 南高田駅より徒歩1分
  • ◆頸城自動車㈱ 中通り町バス停より徒歩2分