新潟で遺産相続・遺産分割に関する相談なら~遺言書を用意したほうが良いケースとは~

相続をスムーズに済ませたい場合は、遺言書の作成がおすすめです。こちらの記事では、遺言書を作成したほうが良いケースをご紹介しています。遺産の分割方法や遺言書の書き方など、遺産相続の手続きに関してお困りの際は、新潟県上越市の行政書士阿部成恭事務所が相談に乗りますので何でもご質問ください。

遺言書を作成したほうが良いケース

上越市で遺言書作成についてのご相談、行政書士阿部成恭事務所にご依頼ください。

ケース1:法定相続分と異なる配分を検討している場合

法定相続分とは、民法によって定められた各相続人の取り分のことです。「民法によって定められた」と書くと、必ずその通りに遺産を分割しなければならないように感じるかもしれません。しかし、法定相続分とは異なる取り分で遺産分割を行うことも可能です。

特定の人物に法定相続分よりも多くの財産を相続してほしい、特定の人に特定の財産を相続してほしいなど、法定相続分とは異なる配分を検討している場合には、遺言書を作成したほうが良いです。

また友人など、本来遺産を相続することがない人に遺産を譲る場合にも、遺言書を作成して、友人に遺言が渡るようにしなければいけません。本来相続する権利がない人に遺産を渡す場合には、事前にその旨を伝えておくようにしましょう。

ケース2:遺産分割で揉める可能性がある場合

遺言書を作成することで、遺言書通りに遺産分割が行われますので、遺産相続争いを未然に防ぐことができます。推定相続人の仲が悪い、家族に内緒で認知した子供がいる、先妻との間に子供がいて後妻がいるなど、事前に相続争いになりそうだとわかる場合には、遺言書を作成するようにしましょう。

自分の死が原因で残された家族が揉めてしまうのは避けたいと思いますので、遺言書でその可能性をなくすようにしましょう。

新潟で遺産相続にお困りなら行政書士阿部成恭事務所~遺産の分割方法や遺言書の作成方法など何でも相談を~

上越市の行政書士阿部成恭事務所では、遺言書作成や遺産分割など、相続に関する様々なご相談を承ります。

遺産の分割方法や遺言書の作成方法をはじめ、新潟県で遺産相続手続きに関する悩みを抱えている方はお気軽に行政書士阿部成恭事務所をご利用ください。新潟県上越市に事務所を構えており、遺産相続に関する様々なご相談・ご依頼を承っております。

相続問題を無事に解決するためには、法律の知識が必要です。専門家にご相談くだされば、迅速かつ丁寧にサポートいたしますので、何でもお申し付けください。お問い合わせは、電話もしくはメールにて受け付けています。ご相談・ご依頼、お待ちしております。

遺言書を用意しておくことで安心できる

法定相続分と異なる配分を検討している、遺産分割で揉める可能性があるなど、遺言書を作成したほうが良いケースはいくつかあります。それぞれの状況にあった遺言書を用意できれば、安心して遺産を託せますのでぜひ作成をご検討ください。

新潟県で遺産相続手続きに関してお困りの場合は、行政書士阿部成恭事務所にご相談ください。お客様のお悩み解決に向けて全力サポートする行政書士事務所です。主な対象エリアは、新潟県の上越、妙高、糸魚川、柏崎などです。相談の内容次第では、弁護士または司法書士など他の専門家を紹介することもできます。遺言書や遺産相続に関するご相談、お気軽にお問い合わせください。

遺言手続きの4つのステップ

財産債務を調べる

イメージでいうと、財産目録をつくるということです。主要な財産としては、土地建物や預貯金・有価証券などです。財産目録をつくる際には、ローンや保険などもその目録の項目として入れておくことは重要です。保険金は民法上の相続財産では有りませんので遺産分割の対象ではありませんし、遺言には関係ないと思われるかもしれませんが、保険金をもらう人ともらわない人では、もらわない人が感じる不公平感は大きいです。保険金についても、ある程度考慮した遺言の方が、全く考慮していない遺言より、後のトラブルを避けられることが多いのです。

受遺者を特定する

財産をもらう人・債務を負担する人を決めることです。ものや借金を誰が引き継ぐのかを決めるのです。もちろん相続人でも良いですし、相続人以外でも構いません。相続人以外の場合は、あらかじめその財産を受け取ってもらえるか確認が必要な場合もあります。お世話になった福祉施設や寺社などへ財産を渡したいと思っても、受け取った以降の管理の問題で不動産では受け入れてもらえない場合がほとんどです。

また、相続人の場合でも、もらう財産は少ないのに債務は多く負担しなければならないとなったら、不満が出てくるかもしれません。できる限り債務を特定して、その債務の負担者を決めておく方が後のトラブルは少ないです。

遺言書にする

自筆証書遺言の場合は、その方式に従い、全文を自署するのです。書き損じてしまった場合の加除の方法にもルールがあります。そのルール通りに書く必要があります。これは加齢による握力低下や加除方法適正ではなかったりなどハードルが高いです。公正証書遺言の場合は、ワープロ等で作成した遺言書案を公証役場にもちこんで打合せをすることになります。

完成した遺言書の管理

公正証書遺言の場合、公証役場にデータとして残るので管理上の問題は少ないです。実は、自筆証書の場合は困ってしまう場合も多いのです。作成した遺言書は、どこに置いておくのか?若しくは誰に託しておくのか?ここが一番の悩みどころです。遺言書は発見してもらえなければ困ります。かといって、同居の家族に勝手に見られるのも困る場合もあります。自筆証書遺言の場合、特にこの保管方法に困ることが多いです。2020年7月からは、法務局での保管制度も始まる予定ですので、保管方法の選択肢として検討すべきです。

新潟県上越市で遺言書作成や相続手続きのご相談なら行政書士阿部成恭事務所

事務所名 行政書士阿部成恭事務所
住所 〒943-0883 新潟県上越市中通町5−7 杉山ビル3階
TEL 025-522-0025
FAX 025-525-8008
URL https://g-abe-office.jp/
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]
アクセス
  • ◆えちごときめき鉄道 南高田駅より徒歩1分
  • ◆頸城自動車㈱ 中通り町バス停より徒歩2分