新潟で帰化申請の質問(期間や費用など)なら~帰化の種類やメリット・デメリット~

帰化によって異なる国籍を取得することができます。もちろん帰化申請を行うためには一定の要件を満たさなければなりませんが、帰化によってたくさんのメリットを受けることができます。こちらの記事では、帰化の種類やメリット・デメリットに関して解説していますので、ぜひご一読ください。

新潟で帰化申請に関してお困りの方は、行政書士阿部成恭事務所にご連絡ください。上越、妙高、糸魚川、柏崎など、新潟エリアを対象に帰化申請のサポートを行っています。

帰化の種類

帰化の種類を説明する男性

帰化申請には大きく3つの種類があります。帰化を検討する場合、まずご自身がどの種類に当てはまるのか確認しなければいけません。ここではその3種類を簡単に紹介したいと思います。

普通帰化

普通帰化とは外国人の方に対して一般的に許可されている帰化のことです。婚姻など日本人と繋がりがない場合には、普通帰化で帰化申請を行います。

特別帰化

日本人と結婚した外国人や、日本人の実子で日本に住所がある人が特別帰化の対象になります。普通帰化よりも少ない要件で帰化申請が行え、簡易帰化とも呼ばれます。普通帰化では満20歳以上しか申請できませんが、特別帰化では20歳以下でも申請可能です。

大帰化

大帰化とは普通帰化や特別帰化の要件を満たさない又は本人が帰化申請を行っていない場合に、国会の承認によって許可する帰化です。日本に対して功労があった外国人が対象です。

帰化するメリット・デメリット

メリットとデメリット

帰化にはメリットもデメリットもあります。帰化によって生じるメリットには以下のようなものがあります。

  • 日本の名前を持つことができる
  • 日本戸籍を取得できる
  • 日本のパスポートを持つことができる
  • 社会保障で日本人と同じ待遇が受けられる
  • 参政権を取得できる
  • 公務員の仕事に就くことができる
  • 銀行との取引を行うことができる

一方デメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 母国の国籍を失う(日本は二重国籍が認められていないので、再度母国の国籍を取ることが難しい)
  • 母国へ行くのにビザが必要になる

帰化するということは日本人になるということです。日本での生活を考えている場合は、帰化した方が大きなメリットを得られるのは間違いありませんので、積極的に帰化申請を行いましょう。

新潟で帰化申請に関してお困りの方は行政書士阿部成恭事務所へ~申請期間や費用など何でもご質問ください~

新潟で帰化申請に関してお困りでしたら、行政書士阿部成恭事務所にお任せください。帰化申請は、様々な書類を用意した上で法務局に提出しなければならず、難しいと感じる方は大勢いらっしゃいます。行政書士としての知識を活かして、帰化申請をサポートさせていただきますので遠慮せずに何でもお申し付けください。

「申請の期間はどれくらい?」「費用はどれくらいかかるの?」など、帰化申請に関してご不明な点がありましたらご質問くだされば、わかりやすく回答いたします。また、行政書士阿部成恭事務所では帰化申請以外にも、相続手続きや許認可申請などのサポート業務も行っていますので、お悩みの際はご相談ください。

新潟で帰化申請のご相談は行政書士阿部成恭事務所へ

事務所名 行政書士阿部成恭事務所
住所 〒943-0883 新潟県上越市中通町5−7 杉山ビル3階
TEL 025-522-0025
FAX 025-525-8008
URL https://g-abe-office.jp/kokusai/
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]
アクセス
  • ◆えちごときめき鉄道 南高田駅より徒歩1分
  • ◆頸城自動車㈱ 中通り町バス停より徒歩2分